• ホーム
  • >Pan de PaPaの天然酵母とは

Pan de PaPaの天然酵母とは

 パンがふっくらと膨らむのは酵母という微生物が持つ発酵作用によるものです。

パン作りに適した単一酵母集団のイーストに対して、天然酵母は野菜やドライフルーツなどを基に作られ、酵母以外の微生物も含まれるので、複雑で独特の風味が醸し出されます。

酵母の違いや作り手、環境などによってパンの味や香り・食感も違ってくる、とても微妙でデリケートなものです。乱暴に扱うと機嫌を損ね、パンが膨らまないことも・・・。

でも、その面白さに魅せられてパンを焼き続けています。

このように焼き上げたパンたちは、Pan de PaPaだけで味わう事ができる天然酵母パンです。体にやさしく、心に美味しいパンです。

~天然酵母ができるまで~

(1)元種作り

(2)発酵 ①ミキサーで混ぜ合わせると

(3)発酵 ②約12時間後ピークを迎える

(4)発酵 ③約20時間後熟成した天然酵母

(5)パン生地の熟成

 元種に小麦粉・水・三温糖・天日塩などを加えて、2~3時間発酵させパン生地の熟成を待ちます。

(6)成形、二次発酵

 熟成した生地を分割・成形し、さらに約2時間発酵させます。

(7)焼きあげ

 いよいよ焼きあげです。低温でじっくり焼くことで、うまみとコクを引き出します。

     












 


 

カートの中身

カートに商品は入っていません